いいやま食文化の会

いいやま食文化の会 概要

目的
『信州いいやま食の風土記』の内容を基に、飯山の郷土食を次世代に継承することにより、食育や地産地消の推進を図ることを目的とする。
経緯
平成16年 「飯山市食の風土記編纂委員会」として発足
平成18年 『信州いいやま食の風土記』編纂を完了したことにより、「いいやま食文化の会」に名称を変更
平成22年 「いいやま食文化加工所“菜の花”」を開設(1月)
平成25年 高橋まゆみ人形館隣に郷土食のお食事処「月あかり」をオープン
組織
会員数29名(男3・女26) ※平成23年3月現在
活動内容
  1. 書籍等の編修と発刊
    平成17年7月 『信州いいやま食の風土記』
    平成18年7月 『飯山の食ごよみ』(市内全戸配布)
    平成19年3月 レシピ集『未来へつなごうばあちゃんの味 かあちゃんの味』
    平成24年 『飯山の食ごよみ』改訂版発行
  2. 班活動
    ①加工所“菜の花”
    • 笹ずしの受注販売
    • 「高橋まゆみ人形館」に“お茶うけ”を休館日を除く毎日納品
    • お弁当・オードブルの受注販売
    • 平成25年6月にはJR東日本びゅう商品「飯山線走る農家レストラン」に料理提供
    ②お食事処「月あかり」(高橋まゆみ人形館隣)
    • おにぎりや笹ずし、郷土料理を中心としたお食事処
    ③イベント班
    • 各種イベントでの取り組み
      かまくら祭り・菜の花まつり・戸狩アート展・総合学習センター祭り等
    • 会員のレベルアップのため各種視察研修等の企画
    ④食育班
    • 食育活動(地域の公民館、学校、児童館、保育園等)
    • 会員の技術向上のための「匠養成講座」「衛生管理講習」等企画
    • 地域の食材を使っての新メニューを考える「新メニュー検討委員会(仮称)」
  3. 「郷土料理 いいやま」の開店(平成19~22年)
    • 5月の連休中(3日間)、戸狩アート展において「郷土料理 いいやま」を開店、“春のふるさと御膳”を提供
    • 平成22年は松花堂弁当箱を50客購入し“菜の花御膳”を提供
  4. 「食の文化祭」の開催
    平成17年7月30日 第1回食の文化祭(木島地区活性化センター)
    『食の風土記』発刊記念 講演:結城登美雄氏
    平成18年3月5日 第2回食の文化祭(外様地区活性化センター)
    「冬の食まつり」 講演:三島利徳氏
    平成19年3月11日 第3回食の文化祭(常盤地区活性化センター)
    『レシピ集』発刊記念 講演:向笠千恵子氏
    平成19年12月30日 第4回食の文化祭(トピアホール)
    「飯山市選択無形民俗文化財」認定記念 講演:結城登美雄氏
    平成20年10月 2008食育フェスティバルに参加(トピアホール)
    郷土料理提供
  5. 郷土食の文化財認定
    平成19年11月20日  「富倉の笹ずし」「富倉そば」「えご」「いもなます」の4品が飯山市選択無形民俗文化財に認定される
  6. 今後の活動予定
    各班の日常の活動に加えて、信州いいやま観光局に協力し、飯山市を訪れる観光客の皆様への郷土料理提供や子供たちの体験学習(郷土食・地産地消等)への協力をしていく予定。
  7. 表彰等
      平成20年度食育貢献団体表彰「長野県食育推進会議会長賞」
    平成20年12月 長野県農村女性フェスティバル
    平成20年度農村女性きらめきコンクール「県知事賞」
    平成21年3月 平成20年度農山村漁村女性の日記念の集い
    女性グループの生活・生産に関する表彰「優良賞」
    平成22年6月 平成22年度知事表彰「産業功労団体表彰」
    平成22年7月 飯山市長表彰